骨盤の歪みを矯正して便秘を解消

ツラい便秘の悩み解消Blog

美容、健康の大敵、便秘の悩みを解消する方法や知恵を載せているサイトです。

▼MENU

骨盤のゆがみが便秘を生む


便秘に大きく関係していると言われているのが、骨盤の歪みです。

骨盤は人間の体の中心にあり、上半身と下半身をつなげている骨です。

なので、その骨盤に歪みができてしまい、本来あるべき位置からずれてしまうと、内臓も正しい位置からずれてしまいます。

腸が圧迫されて、ぜん動運動が阻害され、便秘となってしまうのです。


便秘であることが日常的にあまりにもありふれた状態になっている人もいるかもしれません。

でも、便秘は慢性的な症状になると、深刻な病気を引き起こしてしまう危険性があります。


まずは、自分はどの便秘のタイプなのかを知って、効果的な骨盤エクササイズを始めましょう。

便秘には、弛緩性(しかんせい)便秘と、直腸性便秘けいれん性便秘の3種類があります。


弛緩性便秘


最近運動不足だったり、肩こりや冷え、むくみを感じていたりする肩は、弛緩性便秘の可能性があります。

よくダイエットしていたり、便がすっきり出ない感じがする、という方もこのタイプです。

弛緩性便秘の場合、腸全体の動きが悪くなっていて、便をスムーズに送り出せなくなっています。

腸の能力が低下したり、筋力が低下したりして、腸のぜん動運動が弱くなり、便を押し出しづらくなり、便秘になります。


直腸性便秘


便秘薬を常用していたり、トイレをついガマンしてしまっていると、直腸性便秘になってしまっている可能性があります。

朝食を抜きがちだったり、寒い季節だからと、あまり水を飲まなかったりしても、直腸性便秘になりやすいです。

直腸性便秘は、直腸に便が溜まってしまうタイプです。

直腸の神経が鈍っていて、便意を感じにくくなり、便秘となっています。

便意があるのに、ガマンしていると、だんだんと便意を感じなくなっていってしまいます。

弛緩性便秘と併発していることもあります。


けいれん性便秘


毎日下痢を繰り返していたり、食後によくお腹が痛くなる、という場合、けいれん性便秘の可能性があります。

丸くて硬い、コロコロの便だったりするのもこのタイプ。

また、日常生活でストレスをため込みがちだとけいれん性便秘になりやすくなります。

けいれん性便秘はストレスを感じやすい方によくみられる便秘です。

心理的に過度のストレスにさらされることにより、自律神経に乱れが生じてしまい、腸のぜん動運動が強くなって、けいれんを起こしてしまいます。

腸が激しく収縮するために、便が出にくくなってしまいます。

けいれん性便秘になると、腹痛をともないます。

食事の直後に痛むことがあります。


自分の便秘のタイプがこれら3つのどれに当てはまるのかを考えた上で、適した骨盤体操をすると、効果的になります。

便秘タイプ別おすすめ骨盤体操


便秘は、骨盤のゆがみが原因で引き起こされている可能性があります。

骨盤は体の中心にあり、上半身と下半身をつないでいます。

この骨盤がずれていると、中にある内臓の位置もずれてしまい、便秘が引き起こされてしまうのです。

便秘には弛緩性便秘、直腸性便秘、けいれん性便秘の3種類あり、それぞれの便秘タイプに合わせた骨盤体操をすると、解消しやすくなります。


弛緩性便秘解消に効く骨盤体操


腸の能力の低下、筋力の低下などにより、腸のぜん動運動が弱くなり、便を押し出せなくなり、便秘になっている状態です。

弛緩性便秘には、腹筋を鍛えて、腸のぜん動運動を促すエクササイズが効果的です。

また、朝起きたらコップ1杯の水を飲むようにすると、改善しやすくなります。


①仰向けで両手を床の上に置いて両足を持ち上げます。

②脚を交互に曲げ伸ばしして空中で自転車をこいでいるような感じで脚を動かします。

③床から低い位置でやると、より腹筋に負荷を与えられて効果的。左右それぞれ30回ずつ、脚を動かしましょう。


直腸性便秘解消に効く骨盤体操


直腸に便が溜まってしまっているタイプの便秘です。

直腸の神経が鈍くなり、便意を感じにくくなっている状態です。

便意があるのにガマンしたりしていると、直腸性便秘になりやすくなります。

直腸性便秘の方は、便の量を増やすために、食物繊維と水分をたっぷりとるようにすると良いでしょう。

食事後、特に便意が無くてもトイレに行くよう、習慣づけると改善に役立ちます。

毎日トイレに座ることで、排便リズムを身につけて行きます。


①両手をおへそ部分に当てて中心部からぐるぐると外側に大きく円を描くようにさすります。

②最後は左下あたりで手の動きを止めます。そのまま少しだけ加圧します。

このとき、きつく押しすぎないように注意しましょう。

そのまま、その部分を指先で軽くトントンとリズムよく叩いていきます。①、②を3回行いましょう。

このエクササイズは、立ってやっても座ってやっても、どちらでもオーケーです。


けいれん性便秘解消に効く骨盤体操


日ごろからストレスを感じやすい方に多く見られる便秘のタイプです。

過度のストレスや自律神経の乱れなどで腸のぜん動運動が強くなりすぎて、けいれんを起こして、腸が激しく収縮し、便が出にくくなっています。

腹痛を伴うのが特徴の便秘タイプです。

けいれん性便秘の方は、体をリラックスさせるエクササイズが効果的です。

ストレスの原因となる睡眠不足の解消、生活習慣や食生活の変化、職場環境、人間関係などもできれば見直していきたいです。


①あごの下に両手を置き、うつぶせになります。

②お腹を床につけたまま、骨盤を床から離して、頭を軸にし、骨盤を右に動かします。

③骨盤を左に動かします。体をほぐすように、ゆらゆらとリズミカルに動かします。左右30回動かします。



骨盤体操を続けて、便秘を解消しましょう!


CONTENT

骨盤の歪みを矯正して便秘を解消
便秘に大きく関係していると言われているのが、骨盤の歪みです。便秘解消方法の一つとして、自宅で簡単にできる骨盤矯正エクササイズなどを解説します。
ウォーキングで便秘解消
ウォーキングを中心とした便秘解消法について解説しています。
便秘解消のための食生活
腸の働きを良好にする食生活をおくることで、便秘を解消する方法を解説します。
便秘の特徴に合わせた解消法
便秘には大きく分けて3つの種類があります。それぞれの特徴に合わせた解消法を解説します。
便秘解消に役立つ食物繊維と乳酸菌
便秘解消に役立つ、食物繊維と乳酸菌について解説します。
漢方で便秘を解消
漢方で便秘を解消する方法について解説しています。
便秘解消献立レシピ
便秘解消に役立つ献立レシピをご紹介します。