漢方で便秘を解消

ツラい便秘の悩み解消Blog

美容、健康の大敵、便秘の悩みを解消する方法や知恵を載せているサイトです。

▼MENU

漢方で便秘を解消


便秘を解消する方法として、漢方を使うという選択肢があります。

漢方で便秘解消する場合、体質に合わせたおすすめの漢方薬を使うようにしましょう。

便秘タイプ別漢方治療法

まずは漢方で便秘を解消したい、と考えるときにまず押さえておきたいことについて。

漢方では、「便秘なら○○の漢方」という風に考えて設計されていません。

その人の体質に合わせ、治療法を考えて行くのです。

便秘のタイプと症状
便秘の症状はさまざまなものがあります。

しかし、大きく分けると以下の5つのタイプに分けることができます。

自分がどのタイプに当てはまるのかで、便秘を解消する具体的な方法は変わってきます。


熱タイプ
腸内の老廃物が熱と結合して起こっている状態です。

以下のような人が当てはまります。

・味の濃い食べ物、辛い食べ物が好き
・口が乾きやすいのでよく水を飲む
・便がコロコロと乾燥している
・尿は濃い黄色・下の色が赤い
・黄色い苔がついている


気滞タイプ
ストレスなどで気が張りつめていたり、滞っていたりする状態です。

以下のような人が当てはまります。

・すぐにくよくよしてしまう、環境変化に弱い
・胸の脇が張っているように感じる
・げっぷやおならが出やすい
・生理前に体調が悪くなることが多い


気虚タイプ
便が乾燥しておらず、栄養や体力が不足している状態です。

以下のような人が当てはまります。

・疲れやすい、体力があまりない
・排便してもなんだかすっきりしない
・無理なダイエットをした、ダイエット中だ
・顔色や舌の色が白っぽい


血虚タイプ
血液や水分不足で腸をうるおせなくなっている状態です。

以下のような人が当てはまります。

・顔色や髪につやがない
・爪が割れやすい
・生理後または出産後
・めまいや立ちくらみになりやすい
・便がコロコロと乾燥している


寒タイプ
体を温める機能が低下している状態です。

以下のような人が当てはまります。

・生ものや冷たいものが好き
・手足やお腹が冷えている
・寒がりだ
・舌に白い苔がついている
・尿量が多い、トイレが近い

上の5つのカテゴリの中で、当てはまる症状が一番多いのが、あなたの便秘タイプです。

漢方では、自分のこうした状態に合わせて選ぶことが大切になってきます。

タイプ別漢方治療法
それぞれのタイプ別に合わせた漢方をご紹介します。

熱タイプ
「桃核承気湯」(とうかくじょうきとう)、「大承気湯」(だいじょうきとう)

気滞タイプ
「大柴胡湯」(だいさいことう)、「加味逍遙散」(かみしょうようさん)

気虚タイプ
「小建中湯」(しょうけんちゅうとう)、「補中益気湯」(ほちゅうえっきとう)

血虚タイプ
「潤腸湯」(じゅんちょうとう)、「麻子仁丸」(ましにんがん)

寒タイプ
「桂枝加芍薬湯」(けいしかしゃくやくとう)、「人参湯」(にんじんとう) 複数の症状が組み合わさっていたり、5つのタイプにきっちり分けることが難しかったりする状態もあります。

だからこそ、その人の体力や気力に合わせながら漢方選びをすることが大切になってきます。

便秘タイプ別漢方の選び方


漢方では、便秘を熱タイプ、気滞タイプ、気虚タイプ、血虚タイプ、寒タイプの5種類に大別することができます。

それぞれの状態に合わせて、もっとも適した漢方を選ぶことが大切になってきます。

それぞれのタイプでおすすめの漢方をご紹介します。


熱タイプにおすすめの漢方

腸内の老廃物が、熱と結合して起こっている状態です。

このタイプは比較的体力があります。

のぼせ、頭痛がするというとき、血液の滞りを良くする桃仁(とうにん、桃の種子)が入った「桃核承気湯」(とうかくじょうきとう)がおすすめ。

また、「大承気湯」(だいじょうきとう)は消化管の通りをスムーズにしてくれて、気分をすっとさせてくれます。

このタイプには、これら2つの漢方を処方するのが代表的です。



気滞タイプにおすすめの漢方

ストレスなどで気を張っていたり、あるいは滞っている状態です。

精神的なストレスを受けやすいため、気のめぐりを良くする柴胡(さいこ)という生薬が入った「大柴胡湯」(だいさいことう)が良いでしょう。

また、「加味逍遙散」(かみしょうようさん)は、ホルモンの分泌を促進してくれるので適しています。


気虚タイプにおすすめの漢方

便は乾燥しておらず、栄養と体力不足になっている状態です。

子供や妊娠中の女性でも使用できる、下剤成分が入っていない「小建中湯」(しょうけんちゅうとう)をおすすめできます。

「補中益気湯」(ほちゅうえっきとう)も、胃腸を丈夫にしてくれるので適しています。


血虚タイプにおすすめの漢方

血液や水分不足により腸をうるおせない状態です。

腸をうるおす効果のある「潤腸湯」(じゅんちょうとう)「麻子仁丸」(ましにんがん)がおすすめ。

コロコロの便が出るような習慣性の便秘に向いています。


寒タイプにおすすめの漢方

体を温める機能が低下している状態です。

便秘と下痢を繰り返しているようなときには、「桂枝加芍薬湯」(けいしかしゃくやくとう)「人参湯」(にんじんとう)が良いでしょう。

体を温めて、胃腸の機能を活性化してくれます。


複数の症状が組み合わさっていたり、5つに厳密に分けられなかったりする場合もあります。

その人の体力や気力を見ながら、便秘解消に使う漢方を決めて行くことが大切です。


便秘解消のために漢方を使っていると、思わぬところから嬉しい効果が表れてくることがあります。

漢方ではこうしたことを「標本同治」(ひょうほんどうち)と呼んでいます。

便秘を直すことにより、体の奥に隠れていた他の症状も改善させることができるのです。

例えば、便秘の解消と共に、肌荒れが治ったり、生理痛が軽くなったりすることはよくあります。

胃腸機能が良くなり、精神面が安定してくることもあります。

体質改善されていくのです。

便秘を対症療法で直しながら、その原因となるところまでケアすることができれば、根本的な解決になります。

便秘が習慣的に続いているときは、漢方での体質改善を考えてみても良いかもしれませんね。


CONTENT

骨盤の歪みを矯正して便秘を解消
便秘に大きく関係していると言われているのが、骨盤の歪みです。便秘解消方法の一つとして、自宅で簡単にできる骨盤矯正エクササイズなどを解説します。
ウォーキングで便秘解消
ウォーキングを中心とした便秘解消法について解説しています。
便秘解消のための食生活
腸の働きを良好にする食生活をおくることで、便秘を解消する方法を解説します。
便秘の特徴に合わせた解消法
便秘には大きく分けて3つの種類があります。それぞれの特徴に合わせた解消法を解説します。
便秘解消に役立つ食物繊維と乳酸菌
便秘解消に役立つ、食物繊維と乳酸菌について解説します。
漢方で便秘を解消
漢方で便秘を解消する方法について解説しています。
便秘解消献立レシピ
便秘解消に役立つ献立レシピをご紹介します。